読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

狸系の里 シーズン2

はじめの一歩、二歩、散歩・・

情報民族音楽学研究

情報と社会あるいはソフトウェアとコミュニティ

情報社会科学という言葉について、一つの定義付けを試みる。 情報技術の成果というと、ソフトウェアが挙げられる。ソフトウェアはある計算環境で動くものであり、これまでは、ある汎用の計算環境を想定してその上で動くものとしていた。最近では、ソフトウェ…

背伸びせずに

4月の初めに予想外の出来事があり、当初は落ち着き先が見通せない事もあって焦っていた。 最近、落ち着き先が見えてきたので一息ついているのだけれど、今までみたいな生活パターンは取りにくくなっている。まぁ、今までが例外でこれからが普通、と言っても…

現象と法則、実践と基準あるいは・・・

自然現象は自然界の法則に従って起こる。さらっと言われるとごもっともという以外にない。ここで「自然現象」という言葉にもう少し拘ると、意外に底が深い所にある事に気付く。「自然現象」という時には、決して、目に見える、あるいは耳に聞こえる・・現象…

読書(2)_語句の収集 階名と音名

しばらく自分用の用語集を作る作業をしてみよう。参考書としては次を選ぶ。 福井昭史、よくわかる日本音楽基礎講座、音楽の友社(2006年8月10日)[ISBN427630704X] この参考書から語句を拾って単語帳の形に纏める。用語集が纏まると作文に便利になるが、それ…

読書(1)

これからしばらくの間、読書の記録を作ってゆきたい*1。 これまでいろいろな資料を浅いレベルで読んで、信楽メモなるものを作ってきた。これから本気で何かしようと思ったら、自前の道具箱に工具(ソフトウェアツールなど)を入れておくことになる。それも、…