狸系の里 シーズン2

はじめの一歩、二歩、散歩・・

早夜鳴き鳥の悲歌

参考した資料はトリオレコード フィンランド歌曲集(Stereo PA.1016)の歌詞カードです。

早夜鳴き鳥は原詩では“satakieli”です。これ、直訳すると「百の舌」なので、「もず(百舌)」と訳してよいならそのままなのですが、そうではないらしい。”nightingale”はヨーロッパでよく知られている鳥で、ドイツ語でもそのまま”Nachtgal”と言ったと思います。その意味ではナイチンゲールという音訳でもいいかなとは思いますが、人の名前の方が有名なので、ここでは早夜鳴き鳥としました。

「早夜鳴き鳥の悲歌」というタイトルは、主人公が早夜鳴き鳥みたいに響くのですが、どうもそうではなく、「早夜鳴き鳥の鳴き声を聞くわが身を思うと」という内容のようですね。

  

-----------------------------------------------------------------

 

早夜鳴き鳥の悲歌

 

ああ、夏には君が、自分にも歌い続けてくれる。

早夜鳴き鳥の歌が聞こえる夜には自分も目覚めている。

早朝から黄金の糸を紡ぐ糸車を回す姿を見ると、

時も日も、流れを止めてしまう。

ああ、囚われの身、幸せな囚われの身、

兄弟たち‐オリンポスの神‐の声を聞きながら歩み、

雲に手を差し伸べ、地の花に口づけする。

空に昇りながら、早夜鳴き鳥には教会が見えている。

私にはもう日々のものではない、昼のものでも、夜のものでも。

けれども君は歌う、夏の季節には、早夜鳴き鳥。

君の歌は心の中でまだこだましている。

二つの黒い瞳、軽くカールした頭。

夏になると、君は私に歌いかける。早夜鳴き鳥。

 

Y. キルピネン 

信楽