狸系の里 シーズン2

はじめの一歩、二歩、散歩・・

月光によせて

参考した資料はトリオレコード フィンランド歌曲集(Stereo PA.1016)の歌詞カードです。

このLPで信楽先生が(メロディを)気に入っている曲の一つです。メロディはいかにも歌曲という感じで印象に残るのですが、翻訳していると顔が火照ってきますね。(*^^*)

月と魔法の組合せはよくあるようで、”pierrot lunair”という例もあります。もっともこっちの方は、本気で奇怪な雰囲気を振りまくのですが。

  

-----------------------------------------------------------------

 

月光によせて

 

ねえ君、見てごらん、今宵の月の光。

ねえ君、ここにいるのは二人だけ、他には誰もいない。

野草たちは魔法にかかったように、月の光で銀色に染まり、

心は魔法にかかったように静まり、厳かな聖なる声に耳を傾ける。

ねえ君、見てごらん今宵の月の光、空はまるで波のない湖のようだ。

永遠の時の鐘が鳴っている。

さあ、月の小舟をこいで、どこまでも行こう。どこまでも。。。

 

Y.キルピネン

信楽