狸系の里 シーズン2

はじめの一歩、二歩、散歩・・

プログラム作りのための資料を整理することについて

プログラムを作る時には課題に関連して、いろいろな資料を使う。このとき、資料が身近にあるかないかで、作る作業の難しさが影響を受ける。次の事情があり、同じ音楽のプログラムとはいえ、音楽コンテンツのための曲のように素直に五線譜でかける音楽と比べて、伝統邦楽に係わるプログラム作りはとても難しい。

音楽のプログラムを作る場合、まず、音楽理論に関する資料を読みあさる。この時に、五線譜に素直に書ける音楽に関する資料なら、現代日本語で書かれた参考書籍がすぐ手に入る。伝統邦楽となると、なかなかそうはゆかない。五線譜に素直に書いてある音楽を伝統邦楽器で弾くという内容の書籍はまだ目につくが、伝統邦楽固有の記譜法や音楽の作りとなると、書籍(資料)を探すこと自体が難しい。書籍が見つかったとしても日本語古文とか漢籍だったりして、訓練のない読者は資料を開いて嘆息することになる。極め付きは口伝による音楽の継承で、書籍に書かれた楽譜と口伝の内容とは違いがあり、口伝で上演されている。こうなると、市販のDTMシステムをうまく使ってできれば、仕上がりに多少違いがあってもいいか、というゆき方が出てくる。またこれは一つの案でもある。

もっとも、伝統邦楽に関する資料を読みやすい形に書き換えて、完成度が高い書籍として作ることができれば、プログラムとは別に、この書籍自身を成果と言ってもよいのではないかとも思う。

伝統邦楽のように、情報技術を導入するにしてもそれはこれからの課題、という領域では、プログラムを作る人が音楽に関する資料を入手し易い環境を作る事から始めなければならない。ある意味それは、情報技術が既に導入されている分野でも、導入初期には起こっている現象であり、その問題を解決しながら情報科学*1ができてきた、とも言えるのだが。

*1:実践サイドでの活動の成果はソフトウェア工学に纏められている。