読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

狸系の里 シーズン2

はじめの一歩、二歩、散歩・・

見取り図

もう一回前回の図を見る。

f:id:Y_Shigaraki:20150630045945j:plain

項目A、変換処理の矢印、及びBの楽譜の作成までの範囲は、基本的に、Vocaloidの開発システムと同じとみている。但し、次の違いがある。

‐ 音資料:よい条件で録音してあることを期待してはいけないので、前処理が必須。

‐ 基本的な音:五線譜で半音階を書く場合でも、音の高さが平均律とは限らない。

‐ 音階:基本的な音から選ぶ。

‐ 発声法:音楽の流派毎に特有の声がある。

‐ 記譜法:独自の記譜法がある。

ここで

  1. i) 音資料はスタジオで何度も取りなおして作るものばかりではなく、現地で携帯できる機器を使って収録するものもある。民謡のフィールドワークなら後者が普通。そのため、目的外の音が同時に録音されることは避けられない*1。せめてここから目的の音に焦点を当てた資料を作る事ができれば、後の処理の精度があがると期待してよい。
  2. ii) 基本的な音の選び方、音階の定義については、数値がパラメータ化してあって、差し替えて音楽に適応できれば、そのまま使えるのではないか。

iii) 発声法と記譜法とは音楽に固有の話題なので、基本的な音及び音階の定義と合わせて、文献調査に当たることが必要になる。

 

最近では音声情報処理に関する研究開発が盛んなので、項目Aの音資料の前処理以外の所で競争するのは研究全体から見て効率的ではない。むしろ、対象に選んだ音楽の性質を文献から調査して、語彙と定義とを纏めるあたりから出発するのがよいだろう。

項目Bで伝統譜のみ扱う事にすると、他の音声情報処理技術との繋ぎが難しくなる。例えば伝統譜は一部を除いて縦書きなので、時間‐高さ軸にプロットした音の高さのグラフと同時に画面に表示すると、時間の流れの向きが合わず、見づらい。民族音楽学で使われている、追加記号を伴う拡張五線譜を使う事として、この拡張五線譜と伝統譜との間で表現を変換することを考えるとする。 

*1:お囃し、伴奏、風切音・・、お囃しの声などは分析の対象にしてもよい位の音声であり、いわゆるノイズではない。こういう場合もあるので、目的外の音と呼ぶ。