読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

狸系の里 シーズン2

はじめの一歩、二歩、散歩・・

f:id:Y_Shigaraki:20150707164046j:plain

情報民族音楽学の活動と銘打ってこんな図を作ってみた。ここで

番号

注記

サンプル作成と維持は技術的課題、資料の評価は音楽学の課題。

雑音が少ない録音条件の良い資料より、音楽として特徴をよく捉えた資料が選ばれるべき。

一次資料の分析と綜合とを行いながら、継承関係を確かさ付きで再構築する。

音資料を記述する手段(採譜結果を含む)には共通の仕組みを使う(推奨)。

コーパスには、異なる確度に応じて異なる継承関係が定義されてもよいとする。

注記 コーパス上の記録は時間の流れを導入する。これは「再構成された、仮説としての時間軸」。

継承の目的に応じて明確化すべき属性を決め、コーパスから資料を選び、比較研究を行う。結果は、コーパスが提供する資料の精度に応じた精度で、再現された音楽を与える。

 

もちろん、この図の一次資料群、音楽資料の共時・通時コーパスは、一つの資料館になる位に大きな話なので、ここはあくまで、資料を借りるという立場で図にしている。

 

それにしてもこんな図を作ってしまうと、手元に既にかなりの蓄積がありそうに見えてしまう。しかしこの図はあくまで机上のプランであり、情報を名乗りつつ機器と言えるものは(けしからん話だが)全くない。ただ最近は、装置の要件がはっきりすれば製品を捜す事もできると思われるので、ともかくまず何をしたいのかが肝心。

 

手元には「日本と世界の楽譜」という本があり、この本に解説記事が載っている音楽を選んで、記事を出発点とする。この本には、ジャンル単位に解説されている分野としては、雅楽、声明、能、箏曲、三味線音楽、琉球音楽、尺八の譜、日本の琵琶の譜、がある。当初、書籍を集めていた時には、雅楽か声明を考えていた。特に、お寺さんとの付き合いはかなり普通に起こることなので、実際にお付き合いの場に立った時に何が行われているか理解の助けとなる程度に*1、今の言葉で声明を説明するのも意味があるのではないか。ただ、雅楽にしても声明にしても、読まなければならない資料の規模が大きすぎる。

相手は基本的に手書き文書だから、まずテキスト化しなければならない。実験的な制作ならともかく、お仕事のレベルで伝統的な雅楽譜、声明譜を作る事ができる作業手順を作ろうと思うと、まず、文字と図記号の標準的な形態を決める*2。この時には、対象とする文字・図記号の出現例を全て調べ、楽譜のレイアウト構造を形式化し、この結果を文書記述言語を使って表現することになる。写真製版のような技術でできた複製版があればまだしも、世界に一つという稀観書しかない、などということになったら、気遣いは想像もつかない。

 

そんなこんなで、アイデア自体はずいぶん前から思いつつ、躊躇していたのだった。(それ以上に、理系の身には伝統邦楽の文書に慣れることに時間がかかる。)

 

「日本と世界の楽譜」をぱらぱらと読み進めると、琵琶について書かれた節があった。この節、内容は理解したとは言えず、あくまで表面的な観察なのだけれど、ちょっと気を牽かれる所がある。

琵琶という楽器はもともと西アジアのウードという楽器に起源をもち、これが敦煌あたりを経由して*3日本に来たらしい。欧州に行ったウードはその後のリュートの基となり、ギターに繋がっている。日本の琵琶は、ノベンバーステップス(武満徹作曲)で尺八と共にオーケストラと共演しているが、平家琵琶のような語りを伴奏するという使われ方は衰えてしまった。これは、語りの伴奏というジャンルでは伴奏楽器の役割を三味線にとってかわられたことによる。

琵琶はとても難しい楽器で、弦の張力を指で調整しながら音の高さを変えたり、撥で弦をはじくだけでなく擦る事もあり、胴を叩くことすらあるという。こういう難しさが、三味線にとってかわられる一因だったのかもしれない。

 

琵琶の説明を読んでいて面白いと思ったのは、演奏法と曲の作り方のアイデアの所で、単に形として、説明文を読んでいると欧州の現代音楽のあるものを思い出したりする。例えば、

「日本と世界の楽譜」205頁の譜例6に薩摩琵琶歌の楽譜が示されている。この譜は、6本のレーンが横書きに書かれていて、歌詞がレーンを横切りながら波状に記載されている。たとえば先頭部分は、2レーンから「それ」、3レーンに移って「達人は大観す、抜」、3・4レーン境「山」、4レーン「蓋世の」・・・のように記載されている*4

シェーンベルクが作曲したワルソーからの生還者は前半が語り手が語る台詞、後半がコーラスという構成になっている。この前半の部分は、一本の横線に、語り手の声の抑揚を示す位置に音符が書いてある。語り手はこの、目安としての高さと音符の長さとに従って語る。

他にも、楽器の胴を叩く奏法は、ペンデレッキの曲で、柔らかい布でくるんだ胡桃を使って楽器*5の胴を叩くという指定をもつものがあるらしい。

 

ゼロからのスタートでは当分、責任が持てる発言はできないが、面白いから、という理由で調査を続けることが許されるなら、琵琶譜の系列を電子化する、というテーマで資料を集めるのも面白いかな、とも思っている。もちろん、資料は基本、墨と筆の手書き譜だから、包摂という課題はつきまとうし、参考資料(譜)がどこまで集まるかは全く判らないのではあるが。

*1:会衆が経文を唱える事もあるので。

*2:文字と図記号とを包摂する、という言い方をする。

*3:敦煌で古代の琵琶譜が見つかっていて、その解読結果に基づく演奏CDが出ている。

*4:横線がない記法もあるが、声の大体の高さを示す位置に言葉を書く記法はいまでも民謡の教授に使われている。

*5:弦楽器