狸系の里 シーズン2

はじめの一歩、二歩、散歩・・

手作りのすすめ

さて、古楽譜の電子文書化を、と思うと、二つの問題にぶつかる。

一つは、図記号のリソース制作。

一つは、文書構造の読み方を決めること。

 

古楽譜の頁形態は多様で、雅楽、催馬楽、声明などのジャンル毎に独自の記譜法をもっている。残された楽譜はこの記譜法に従って筆と墨で紙に書かれている。文字の場合の書体同様、図記号にも記譜者の癖があるようで、微妙なずれがある。

手持ちの催馬楽・朗詠墨譜集に掲載されている譜と、書籍に掲載されている同じ譜とを比較すると、線分で終わっている図形が曲線で終わっていたりする。こういう図を見ると、一つの楽譜の中で、線分で書かれている記号と弓型に書かれている図形とは同じなのか違うのか、など、微妙な違いが気になる。これは結局、記号の全体像をまだ知らないことが原因になっている。言い換えると、どんなジャンルではじめるにしても、そのジャンルの記譜法で同じ問題にぶつかる。フルセットの楽譜記号が一覧になっていればよい訳だが。

 

こういう話は、捜してなければ作るしかない。という訳で、一寸前に中断している二つの作業を再開しようと思っている。

 

一つは、催馬楽朗詠譜の転写。

Wordのワードアート機能で一つ仕上げてみたが、催馬楽譜に出てくる記号が一部作れなかった。具体的には、催馬楽譜に出てくる●には大小と楕円形とがあったが、小と楕円形ができていない。それから、音の抑揚を示す折れ線図形を「似せて作る」感覚で作ったが、これは一覧表が出来る位まで標準化したい。そのための転写技術がWordでよいかは大いに疑問(既に●のいくつかは作れない)だが、ともかく一旦始めた事には結論をつける。

一つは、文脈自由木言語の性質の調査。

これはうまく行くかどうかよく判らないのだが、正規木言語の一つ上のクラスで、正規木言語の葉言語が文脈自由言語を導入するという対応関係で準えると、文脈自由木言語の葉言語はIndex言語という文脈自由言語より上位の言語を導入する。これを文書記述言語として使いこなせるか、という設定でいろいろ調べてみる。

 

難しそうだなぁ、どこまで出来るか・・・