読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

狸系の里 シーズン2

はじめの一歩、二歩、散歩・・

参考文献をもう少し読み進んでみる

少し前に「情報民族音楽学ノート」という私的な印刷物を作った。これはいわば、学部レベルの調査報告のようなもので、いろいろな情報を詰め込んである。これ以降をどうしようかについては正直な所アイデアがなかったので、ここで止める気でいた。アイデアがない段階では専門家と相談もできないし、変に期待をもたれて応えられなければお互いに困る。

ここで学部レベルの調査報告と言っているのは、大きな課題の定義はあっても解決を手掛ける順序が未定のままになっている状態を指している。このままでは実行できない。

 

情報民族学ノートに書いた内容は大きく分けて、伝統邦楽譜の印刷頁を電子化する技術とテキストデータベース技術との二つに分かれる。

伝統邦楽譜の印刷頁の形は、楽譜の世界3、日本と世界の楽譜*1に掲載された、「邦楽の楽譜」(金田一春彦著)から引用した。伝統邦楽譜は紙と筆と墨で書かれた手書き譜であり、もしこれをイメージデータとしてではなく頁記述言語を使って電子化しようと思えば、ページの形に応じて符号化法を検討する必要がある。そこで、市販の催馬楽朗詠墨譜集から一つを選び、Wordで似せた図形を作り、写譜してみた。

同時に、電子化した楽譜を集積する技術はテキストデータベース作成技術を似たものになるはずだから、という理由で、人文系の分野で行われている語学・文学資料のテキストデータベース化の活動について調べている。SGML/XMLを利用してテキストデータベースを構築して得られた経験からSGML/XMLの問題点を報告している資料があったので、新しい文書記述言語を制作することまで想定して木言語の性質について調べた。

 

日本と世界の楽譜は、「邦楽の楽譜」を総論として、各ジャンル毎の各論が掲載されていて、この各論の中に楽譜記号の形が掲載されている。そこで、催馬楽朗詠譜の全体を写譜する前に、この各論の内容を見ることにした。この辺、迷走気味ではあるけれど、手さぐりして進む以上ある程度はやむを得ない。また、日本と世界の楽譜の中には、民謡教授で使われているメロディの抑揚を曲線で書いた記譜法は紹介されていないように見えるなど、記載漏れがあるかもしれない。しかしともあれ、せっかく印刷したノートに続く調査としては、一つの資料を徹底的に読む方が、筋が通っているのではないかと思う。

 

楽譜は音を示しているので、楽譜記号と音との関係についてもノートでは触れている。これは大体次のような話を纏めている。

・ 楽譜が指す音を音のもつ属性の集まりで表す。

・ 音の属性のあつまりは一つの型を作る。例えば、{高さ、長さ、強さ}という型。

・ 楽譜は音を、型の抽象的な値として示す。例えば、{高さ:C、長さ:♪、強さ:p}

・ 演奏された音を、型の具体的な値として示す。例えば、{高さ:・・Hz、長さ:・・msec、強さ:・・}

しかし図記号と配置関係の調査と音の属性の調査とを同時に進めることは、手数的にも難しい。

そこで、話を進める順序としては、音の属性の話は最後に回し、次を考えている。

・ 楽譜の世界を読み込み、楽譜の頁に現れる図記号及びレイアウト情報を書きだす。楽譜の頁の設計図と図記号に対応するリソースを作る。

・ 楽譜の頁を、リソースと配置関係とを使って再現する。

・ 楽譜が示す音のもつ属性を、文献と実測値とから調べる。

そうすると、もう少し課題を解決する手順がはっきりして、活動が研究らしくなるのではないか。