読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

狸系の里 シーズン2

はじめの一歩、二歩、散歩・・

トレースしてみる

催馬楽譜を2曲ほどWordで写譜してみた。その結果、作業手順を間違えたと思い始めた。

 

Wordで写譜する作業は、催馬楽譜に出てくる図記号に似た図形をWordの作図機能で作ればよい。当初、催馬楽譜を横に置いて、画面に直接作画していた。

作画してみると、似ているけれど微妙に違う図形が出てくる。ここで微妙な違いというのは、例えば次のような区別。

催馬楽譜の音符は折れ線で出来ていて、線分の中央に半円形(波型)の飾りが付く。この波型が声の揺れを指定しており、容由とか入節とかの言葉で区別してある。この折れ線には、直線で書く場合と曲線(弓型)で書く場合とがある。

また、打楽器と合わせることを指定する記号の内、黒丸については、大、小、楕円形の区別がある。

また、伝統邦楽CDの解説に掲載されている催馬楽ではない声楽譜の中に、似た図記号を使うものがある。

 

こういう経験をすると、譜の図記号の一覧表が欲しくなる。こういう一覧表があって、図記号の相互関係をモデル化すると、楽譜の頁が電子データの形で再現できる。Wordであれ別の手段であれ、写譜をするならまずこういう一覧表を作るのが先だろう。という訳で、一覧表を捜しているのだが、なかなか見つからない*1

イメージデータを作って切りだそうかとも思ったけれど、Wordで写譜する作業との繋がり(?)で、催馬楽譜の頁を見ながらトレース用紙と鉛筆とを使って楽譜記号を筆者しようかと思っている。楽譜をイメージデータ化して切りだしを自動化しようと思うと、図記号が密集している所*2で記号を区別する辺りが面倒そう、ということもある。

*1:専門家に聞けばいいのだろうけれど、こういう作業を継続する件について、当方まだ全然何も出来ていない。

*2:折れ線図形には音の名を指定する字、打楽器と合わせる位置を指定する記号、折れ線の形に付いた名前、などが書いてある。これが結構近くに置かれている。