読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

狸系の里 シーズン2

はじめの一歩、二歩、散歩・・

背景の設定も重要

情報民族音楽学という用語はずいぶん大きな風呂敷と思うが、もともとは、電子文書技術(SGMLとかXMLとかの)の応用例として、古楽譜を電子化したら何ができるかという話だった。多分に趣味的で何に役立つかと言われても答えようもないので、設定*1を考えているうちに大きくなったという・・

アニメの設定は、架空の話を本当らしく見せるには大切で、細部を詰めないまま始めると制作途中で話が混乱する。情報技術にも似た所がある。

情報技術の場合、一つの事を達成するためにはいくつも道がある。古楽譜を電子化する目的には、ちょっと考えただけでも次のやり方を思い付く。それぞれについて、いくつかの具体化法がある。

‐写真製版型 古楽譜の印刷面をそのままイメージデータに変換する。

‐テキスト型 ワードアート相当の技術を使って、文字・図記号の配置をそのまま模写する

‐情報集積型 DTMの楽譜データ交換形式に似せて、楽譜情報と音情報とを集積する

‐・・・

そこで、結果の使い方を予め想定しておかないと、技術の追加‐更新で段々面倒見が大変になってくる・・

 

語学文学資料の電子化は、SGML以前、テキストファイルの時代からある。この時代には、単語の出現頻度分析を行うために、OCP *2が使われていた。SGMLが出て来た時に、テキスト検索機能に付加価値を与えるためにSGMLを使うことが検討された。

古楽譜の場合、現状、テキストファイル段階から始めることになる。目的は、語句検索よりはむしろ、一つの曲目に関連する情報*3を一か所に纏めることだろう*4。そのための必要な機能は、語句検索というよりは、音符・音符の集まりの属性を読みだす、楽譜の書き方を変換する*5、などとなり、まず必要な機能を確定するところから入る事になる。いやそれ以前に、楽譜を構成している文字と図記号とに対応するリソースを用意しなければならない。

 

どこかで誰かに話す折に、設定から始めるのがいいのか、個別の技術から始めるのがいいのかは、選択に思い悩む。ここでは設定から始めたからまだ個別の技術は全然できていない。結果、話全体が架空の段階に止まっている。逆に個別技術から始めると、具体像はよくわかるけれど、先が見えない*6・・

ともあれ、まず、リソースを収集するところから始める。

*1:アニメ制作などで言われている意味での。

*2:Oxford Concordance Program

*3:楽譜を中心に置いて書くと、楽譜と解釈との関係、楽譜と音との関係、音楽が現れる場面との関係、など。記号データに留まらず、音や場面などとの関係も入ってくることがある。

*4:長期間に渡って有効性が確保できるなら、物理的に一か所に纏まっていなくてもよい。ここで期間としては、写本作りに相当する保守作業を認めた上で、100年単位で考えたい。

*5:伝統譜⇔五線譜とか。

*6:出たとこ勝負という選択肢はある^^;