読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

狸系の里 シーズン2

はじめの一歩、二歩、散歩・・

声明譜について調べようと思っている

狸系の目

これから声明(しょうみょう)という日本の古楽情報科学的に扱ってゆきたい。

 

声明は東大寺の大仏が建立された頃から日本に伝わり、日本の音楽の源流の一つと言われている。歴史の長い分、当然、既に研究成果がそれこそ山のように積まれているから、いまさら音楽研究の意味で出てみようと言う訳ではない。最近では情報技術を使って、音・音声の特徴を測り、収集されている国文学など古い時代の文書資料をテキストデータベース化する活動が行われている。この二つを声明譜に合流させると何かできるのではないか。という予測のもとで、少しばかりの資料は手元にある。実家が智山派真言宗の檀家をやっているので、調査が形になってきたら、本職の方にも聞いて見ることにして。

何かを始めるには相手について知らなければならない。日本の音楽と西洋の音楽とを比べると、音楽という言葉が纏める関係者の範囲が違う。作曲された曲が聴けるまでには、作曲家、演奏家、興行担当者、といった人たちが係わる。

・西洋の音楽では、作曲、演奏、興行は分業体制になっている。

・日本の音楽では、作曲、演奏、興行は一つの集団が担当している。

これは、音楽の成り立ちに係わって決まってきた習慣であり、どちらがどうというものではない。また、音楽を継承するやり方には次の違いがある。

・西洋の音楽では、曲を演奏家に伝えるために楽譜が作られる。

・日本の音楽では、曲は演奏として完成するまで、師範が弟子を、手を取って指導する。

この違いから、書かれる楽譜と音楽音との対応関係は次の違いが起こる。

西洋の音楽では、楽譜に曲を構成する音に関する基準が詳細に書かれる。楽譜の記載は完全ではなく、書かれていない部分のように、演奏者が判断する部分もある*1。演奏者の判断は尊重されるが、その判断による演奏の完成度は聞き手が判断する。

日本の音楽では、師範から直伝で演奏に関する全てが伝授される。楽譜は備忘録に過ぎない。楽譜によっては、独習を前提に詳細に音を書きこんだものが作られている*2。しかし、最近はともかくとして、古楽譜は原則師匠からの直伝なしには細かい所までは判らない譜が普通にある*3

 

声明譜の調査を正攻法でゆくには師範を捜して入門する以外ないが、考えていることが本当にそうなのか考え込む。情報技術が扱えるのはせいぜい対象の形までであり、その対象がもつ内容まで立ち入れるとは考えていない。もしそうしようと思えば、実世界にある実物と形とをリンクさせ、刻一刻、対象の形に納められているはずの内容を更新しなければならない*4

対象の形を考えることとすると、次のようなことを検討することになる。

・楽譜を構成する文字、図記号について、異なる要素を判定し、必要かつ十分な要素を取り出す。

・楽譜を構成する文字、図記号の楽譜上の配置と相互の係り受け関係とを対象にして、異なる要素を判定し、必要かつ十分な要素を取り出す。

・楽譜を読みあげた音声信号から取り出した纏まりのパターンを対象にして、異なる要素を判定し、必要かつ十分な要素を取り出す。

このような手順を実施するには、対象の形について、深い観察がいる。このような観察眼を養いながら、内容についても関わり合うことになるのだろう。

*1:一音符毎の強弱付けのようにあえて書いていない部分、時代が変わって調律が変わった時の対応、楽器の仕様が変わった時の対応など。調律や楽器については、原型を取ってもよく、新しい基準を選択してもよい。どちらも正解であり、よって演奏者が選ぶことになる。

*2:楽譜の世界3、金田一著、日本音楽の譜によると、「三味線独り稽古」という独習のための楽譜が出版されている。

*3:声明の楽譜を博士と呼ぶが、目安博士という譜は、呼び方からして目安であることを示している。

*4:例えば言葉の意味を考えると、記号としての語(形)は扱えるとしても、語の意味(形がもつはずの内容)については刻一刻、実世界と対応を取っておかないと意味がずれてくる。