読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

狸系の里 シーズン2

はじめの一歩、二歩、散歩・・

常識を補填しよう

狸系の目 読書

少し前に情報民族音楽学ノートと言う全体で80頁強の資料を作った。構成は次の通り。

1章 序文

2章 採譜のための情報技術

3章 伝承のための資料として伝統邦楽譜を編集する技術

4章 既にある伝統邦楽譜資料からテキストデータを作成する技術

5章 永続的運用のための情報技術標準化及びデータ移行について

6章 まとめ

附録1 伝統譜の形

附録2 Wordによる催馬楽譜の作図結果

附録3 2章附録 民族音楽に固有の現象を記述するための追加記号

附録4 4章附録 木言語と木言語変換系

附録5 人文系情報処理技術に関連する文献資料

参照文献

 

まだ中身のない風呂敷状態だから余所にもってゆくこともできず、これから包む中身を捜してくることになる。作文中は文を書くことに精いっぱいになっていて、目標が判れば途中経過が甘くてもいいやなどと大それたことを考えていた。でも、中身を捜すとなるときちんと考えを詰めなければならない。そこで、少なくとも手持ちの文献だけは読んでおこうと思い、しばらく読書に励むこととした。*1

*1:せっかく買い集めた資料を読まずに廃棄するのも惜しいし。