読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

狸系の里 シーズン2

はじめの一歩、二歩、散歩・・

(ほぼ)休眠宣言

伝統邦楽譜を読んでみると、独特の書法で書いてあって、見ている間は面白いのだけれど、具体的に何かを始めようと思うとPCに載せる始めの一歩でつまずくことになる。もっとも素直に載ってしまうと却って問題点を見落とす事もあるので、つまずくこと自体は困るばかりではない。

 

例えば、聲明という声楽曲の譜を書く方法を考えた時に、つい、五線譜採譜してXML仕様で・・と考えたくなる。聲明譜の中で真言宗系の譜は次のような形をしている。

【テキスト*1←テキストの読み方指示*2←古博士が表す読み方の詳細な指示*3

音楽系の読み方をすると、グレゴリオ聖歌の譜に見えるネウマと同じ考え方の記号と見る。ネウマが二重に掛かり、かつ、一つのネウマが時にかなり長いので*4、テキスト表現を考え始めると、どういう表記にしようか夜も寝られない事になるβ(^^;)。

 

ところで、情報科学系の読み方をすると、記号に対する読み方の指示という技術にはテキストの読みあげ技術がある。もちろん、情報系の読み方で記号を(計算機が)読むというのは、画面に書かれたテキストを読者に声で伝える技術であり、音楽的な詩の朗読を意図したものではない。情報科学系の読み方*5で、テキスト読みあげ技術の守備範囲を広げてみるということではあるが。

口伝による伝承では、小さな違いが積み重なっていつの間にか様々な伝承が生まれる。楽譜は様々な伝承に対して標準を示す意味がある。他方、採譜結果は一つの口伝で伝承された音の動きを示している。情報系的な勝手な考察ではあるが、こう考えると、譜と声の間には型紙*6と実体*7程度の違いがあり、譜をテキスト読みあげ技術の言葉で符号化し、採譜は信号解析の結果を素直に記録して、互いを比べると、聲明を唱えるという声の表現の内容が見えてくるのかもしれない・・ (*^ ^)つ□(大きな風呂敷)

 

しかしそうは言っても、いざ始めてみると、伝統邦楽譜をPCに載せるのは意外な所で難儀する。PCに載せるには第一段階として、譜の構成要素を包摂して名前を付ける必要がある訳だけれど、作業がここから始まってしまう・・*8

 

という訳で、この話題で頁の更新速度は、休眠していると思われる位に遅くなります。ただでさえ遅い所を・・ (^_^;)。

*1:文字

*2:古博士

*3:仮譜

*4:一つの文字を延々2分程度に渡っていろいろな声の技法を使って読む例がある

*5:声の多様な表現を捉えるための言語としての読みあげ指示言語

*6:Class

*7:Instance

*8:つまり、基本的なリソースから作りつけてゆかなければならない。