狸系の里 シーズン2

はじめの一歩、二歩、散歩・・

仕事でやっていたら焦りそうな話し

昨日なにげなく「メソポタミアの音楽」というキーワードで検索したら、デジタル・シルクロード*1というアーカイブがヒットしてきた。これはシルクロード周辺で古代から現代までの期間に行われている音楽に関する資料をデジタル化して保存する活動に係わるもので、日本で上代歌謡が行われていた頃に移入した音楽について調べる上たらで基本的な情報を提供してくれる。「情報民族音楽学」などと称して上代歌謡の頃の音楽を情報技術が与える方法で調べる、などと作文していると、本気になればその通り出来てしまう環境がもう出来ていることになる・・・企画書を出して仕事としてやっていたら、突然こういう話をみつけた時には大いに焦るだろうな。なにせ、趣味的にやってきた話しだけに、当方にはまだ、作文に追いつく技術力などの準備は全然ないし。まあでも、一歩ずつでもいいから前に進もう。

 

さしあたり、情報学的採譜という妙な術語に内容をつける辺りから。思うだけなら簡単で、次のような事はすぐ思いつくが、これを実際に形にするのは煩雑そう・・

 

人が行うにしても自動化するにしても、採譜と言うと、音から楽譜を作ろうとする。この時、楽譜に固有の約束事と音に固有の約束事とが整合していないと、元の音が判らないままでは楽譜が読めない。例えば、日本民謡の本に都々逸の採譜例があったとして*2、都々逸の雰囲気を知らずにこの譜例だけで歌っても全然雰囲気が出ない。そこで、音を物理的な音響パラメータの系列で書いて、「音符*3」を切り出して、音に関するデータ構造を作っておく。この、楽譜でなくデータ構造を作る採譜作業を、情報学的採譜と呼ぶ。

 

音に関するデータ構造には、作りだして当初は、音楽に関する情報がついていない*4。そこで、このデータ構造には、対応させる見かけとして、特徴パラメータ値を時間に対してプロットした絵を選ぶ*5

空席になっている音楽に関する情報は、音楽の理論から決めてゆくことになるが、この際、できれば、音のパラメータ値を書きこむデータ構造には音楽に関する情報*6は書かず、楽譜の構造を表すデータ構造側に書くことにしたい*7。この、音楽の構造を書くデータ構造には、見かけとして、楽譜を対応づける。

 

ともかく、できそうな目途がついてきたら、どこかに出てみたい気はする。

*1:文化遺産のデジタルアーカイブ DSR MUSIC

*2:例えば、服部龍太郎著「日本民謡集」、現代思想社現代教養文庫262、521頁。

*3:音符の定義自身単純ではないが、ここでは、音響パラメータ列のある区切り、位の意味で使っている。音声認識の用語で言うセグメントに相当し、音楽の方の都合で切り出したもの。

*4:項目名はあっても値がない、という状態に置かれている。

*5:音階の位置を示す補助的な横線を書くと見易い。

*6:その区間で発声されている音はどのような技法に従っているか‐高さを変えずに伸ばす、突き上げる、高さに揺らぎをもたせる、など。これを表す符牒を値とする。

*7:仮説をいくつも書き込むと、音のパラメータ値を示すデータ構造が見難くなると思われるので。