読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

狸系の里 シーズン2

はじめの一歩、二歩、散歩・・

音楽文化の相互交流という夢について

狸系の目

信楽先生は文系でも理系でもない、双方に足を掛けた中途半端な位置*1にいる。こういう位置にいて音楽を知りたいと言っても、音楽について新しい事実を見つける能力についても、情報工学的な仕組みを作りだす能力についても、準備不足の感は否めない。では、何を考えているのか、と聞かれたときにどう答えようと思っているのか、というとこんな答えを考えている。

“-様々な音楽についてそれをありのままの形で書記す方法は何か-この問題設定は、大きく言えば、音楽文化の相互交流*2を目的とする情報科学/情報技術のあり方を知る事に繋がる。”

 

音楽は音による表現であり、いっとき聞くだけならば録音・再生技術があればよい。定着するにはもう少し詳しく知ることが必要になる。その時には、対象を、偏りなくありのままの形で、聞く必要がある。簡単なようだけれど、事はそれほど単純ではない。それは、聞き手の常識が、その人にとっての音楽について構成されていて、しかもその常識があまりに自然なので、その人にとっての常識が世界の常識であると信じて疑わない・・ことが往々にしてあるからである。

 

一例として、音楽を紹介するときに、「作曲家Aの作品B」と言うか、「演奏家Aの曲目B」と言うかを考える。テレビやラジオの歌番組では「演奏家Aの曲目B」と言うことはあっても「作曲家Aの作品B」と言うことはない。例えば「美空ひばりの港町13番地」は、「演奏家美空ひばりの、曲目・港町13番地」となる。国内でも西欧系の音楽では、逆に、「作曲家Aの作品B」と言うことはあっても「演奏家Aの曲目B」という言い方はしない。例えば「レオポルドモーツアルトの玩具の交響曲*3」は、「作曲家・レオポルドモーツアルトの、作品・玩具の交響曲」となる。この辺りは、音楽として継承される対象の違いを反映した、それぞれの領域の常識な訳なのだが、それぞれの領域で確立した常識であるだけに別の領域の常識は理解しにくいし、別の領域に向かって「それはおかしい」と言った所で意図したとおりに言葉を受取ってもらえる訳でもない・・

 

ありのままに書く、と言う時には、この、常識の部分にまで立ち入って書くこととする。それでも、前提とする常識なしに何かを書ききるのはとても難しいことになりそうなので*4、どこかで、これを出発点に使い、この出発点については問わない、という基点を使わなければならないのだろう。

 

この基点をどうするか、という問題を含めて、ありのままに書くという問題は、見かけほど簡単ではない。でも、基点の選び方についての努力をして、なんだかよく判らない状態に置かれたもやもやとした疑問が解決できると、日本の音楽をどこかの地域に伝え、逆にどこかの地域の音楽を日本に伝えて、伝えた内容が歪みなく継承され、世代を越えて定着する基礎を作ることにも繋がるのではないか、という夢を考えている。

 

当面、信楽先生が考えているのは、声楽という領域で、日本の上代の声楽とフィンランドの伝統的な歌とを並べてみたい(系統的関係を考え始めると大変なので、標語的に言うと、筝・和琴とカンテレを並べる、位に設定する)。

*1:狸系

*2:一方通行でなく、相互交流。

*3:W.A.モーツアルトの曲と言われた時期があった。最近の結果はよく知らないが、W.A.の作品ではないらしい。

*4:集合論の公理によれば全ての集合は空集合から構成的に到達できるそうなのだが、空集合から目的の集合に達するまでに必要となるステップは、もちろん有限で留まるとは限らず、いくつもの無限大の壁を乗り越えなければならないかもしれない。数学的に言えば、証明には超限帰納法に拠らなければならないこともある、ということ。