狸系の里 シーズン2

はじめの一歩、二歩、散歩・・

OneDrive試用中

数年来、情報民族音楽学というキーワードに中身を盛るべく右往左往していた。どこに顔を出せばよいのか皆目見当がつかなかった事もあり、100頁位のノートを8回も改版して、未だにいまひとつ自信がない。しかしいつまでこうしていてもらちが明かないので、ある着地点に辿りついたのを契機に、文書をクラウドに公開してみようと思った。

 

着地点は概ね次の通り。

  1. Seegerによれば、民族音楽学とは、音楽学民族学言語学の共通部分に成立する。情報民族音楽学の特徴は、焦点を当てている音楽について、これを継承するコミュニティが音楽を継承するために使う言葉に注目することである。

本研究では音楽を継承するために使われる言語は次の構成をとると考える:

音楽を継承するための言語=<遍在する記号からなる構文系、偏在する意味>

この言語を具体化する上で大切なことは、継承する音楽を遍在する記号を使って、誤りなく・曖昧さなく、表現する言語を創作することである。

この偏在する意味を誤りなく・曖昧さなく表現するためには情報科学の知見が有効に使えるはずであり、この意味で、本研究を情報民族音楽学と呼ぶ。

 

この研究では出発点に、これまでの柵からは自由に考えて、情報科学と音楽との接点を探ることを置いた。全く制約なしに考えられるということは、自由であると同時に、全てを自分が決めなければならないという制約が課される。この制約は意外に重く、譬えて言えば、考え始めた当初は生コンクリートにもならない、セメントと小石と水を集める所から始めることとなった。8回書き換えたがどのように受けとめられるかについてはまだ確信がもてない。

公開場所はOneDrive上にあって、リンクは次の通り。

https://1drv.ms/f/s!AtMSi1_sj0qqbGtB6kpGGbyh3U4 

私的なメモという位置付けでの公開であり、編集は出来ない設定になっています。

 

現状、この先を続けられるかについては不透明さがありますが、もし続けられるなら、書きものはOneDriveに載せてゆくつもりです。OneDriveの使い方自体よく判っていないので思わぬ不備もあろうかとも思いますが、ご連絡等はここに載せて頂ければ、と思っています。

但し、このOneDrive上の文書自体は期間限定公開のつもりです。