狸系の里 シーズン2

はじめの一歩、二歩、散歩・・

変化の季節

今年の4月1日に最終版の記事を書いてこのコーナーを終わるつもりでいた*1。方向を急転換することになりそうなので、用意ができるまでは、タヌキノチャブクロ(茸)が風に飛ばす胞子みたいな軽い文章を書く場所を見つけて引っ越したいと思ったこともあり。

 

これまで伝統邦楽・邦楽譜についていろいろ書いてきたが結局は、伝統邦楽・邦楽譜そのものについてではなく、音楽の特徴を見やすい形に楽譜に書くことを意識していた。音楽だから五線譜で書けばいいかというと、調律、音階の構造、曲の作り、などなど、案外強い制約がある。例えば、寄席の話芸のうちには都都逸のように音楽とも語りとも付かないものがある。五線譜に採譜した民謡を集めた本が手元にあって、俗曲の欄に都都逸が載っているのだけれど、メロディを決めすぎている。五線譜で書くと語りと唄いが自由に行き交う芸を見ることができない。

 

五線譜にこだわらない記譜法を考える一般的な枠組みをあれこれ考えているうちに、モデルの理論(数学基礎論の)に倣って音楽基礎論のモデルの理論ができないか、などと思い、試行してみると出だしの所で躓く・・ 音楽は現実世界の出来事なので、数学基礎論のように概念の範囲ではおさまりが悪い。さらに、積年の疲れが最近出てきて、作文できる時間がほとんどとれず ・・

 

ともあれ、いまは変化の季節。化ける準備を重ねて*2何かを続けようとは思うが、試行錯誤の段階は終わったので、ADHDのPRを挟みこまれるような文章は、多分(^^;)、書かずにすむだろう。

*1:HAIKUに書いたがここには結局書けず。

*2:こういう言葉づかいをするからふざけ半分で書いていると思われる。